【コスパが最良】シロアリ対策を業者に頼むメリットをリサーチ

ニュース一覧

鳩は鳥獣保護法の対象

鳩

速やかに退散させる策

ハトという鳥は、平和の象徴として愛されています。しかし、その一方で、生息地域が人間に近いために、多くの被害を齎しているのも事実です。ハトの数が多すぎると、糞害などが深刻になり、快適な環境を脅かすことにもなります。ただ、迷惑な存在であるからと言って、むやみに殺すことはできません。ハトは鳥獣保護法の対象となっているので、個人が勝手に捕まえたり殺したりすることは禁止されています。被害の範囲が大きい場合は、地元自治体に申請して駆除に繋げることは認められています。しかし、自治体主導の駆除計画は、調査に時間が掛かる上に、最終的には殺処分が不適当と判断されてしまうことも多いのです。ハトを手っ取り早く撃退するためには、専門業者に依頼する方が得策です。ハトに詳しい業者は、ハトの群れが住み着いている要因などを細かく分析してくれます。そして、平和裏に撃退する策も講じてくれます。詳しい業者の話によると、ハトの個体数の多い状態は、餌となる物が多く存在していることに起因しているということです。人が餌やりをしていなくとも、地面に落ちている食べ物や昆虫などの存在に敏感に反応するのです。ハトを撃退するためには、その環境を変えていく必要があります。商店街や出店の多い地域では、閉店後の清掃作業を徹底して、ハトの食べ物を極力無くすようにすると、自然と個体数が減ると言います。完全な撃退は無理でも、個体数が調整されれば、ハトと人との関係も良好なものになります。